夏の東北縦断①(浜松→福島→宮城)

今回は阪急交通社の「さわやか東北縦断 3日間」、7月3日朝の6時前に出発。日曜の朝6時は1日の始まりか、はたまた土曜の夜の終わりなのか、足早に歩く人もいれば大声で夜の名残を楽しんでいる人もいました。
画像
6時前に浜松駅到着、まだホームに入れません。
画像
久しぶりに上りの新幹線で東京へ
画像
これまた久しぶりの東北新幹線へ乗り換え。昔はよく仙台や大船渡へ出張したものでした。
画像
この車両には秋田新幹線が連結されていて、緑側が盛岡行きの「やまびこ」。これで福島まで行きます。
画像
新幹線の連結部、東海道新幹線では見られません。
画像
隣のホームに北陸新幹線金沢行き
画像
この色も北陸新幹線かな?
画像
10時頃福島駅到着
画像
ここからはバスで松島を目指します。
画像
津波で流された若林の海岸、やっと土の入れ替えも終わって田植えが出来るようになったそうです。
画像
お昼頃松島到着
画像
出発は1時20分なので観光船はやめて散策することにしました。
画像
松島は初めてですが、こんなに島が多いのは初めて知りました
画像
「五大堂」へ渡る「すかし橋」
画像
「五大堂」へ行ってみます
画像
「すかし橋」を渡って
画像
「五大堂」
画像
「五大堂」からの松島、絶景
画像
「松島や ああ松島や 松島や」
画像
店先には
画像
松島の島々が波の勢いを逃がした、とガイドさんが言っていましたが、それでも津波はここまで来たのですね
画像
松島の サーヨー 「瑞巌寺」、津波からの復興工事中
画像
臨済宗妙心寺派、うちのお寺と一緒だ
画像
参道が工事中のため迂回すると「鰻塚」、昔は天然鰻がたくさん採れたそうです
画像
多くの洞窟があり石像の多さに圧倒されます
画像
あいにく小雨が降ってきました
画像
画像
画像
画像
画像
小雨の中、拝観料をお支払いして境内へ
画像
「本堂」
画像
本堂を出ると雨も止んで、「臥龍梅」
画像
画像
画像
ここにも洞窟利用
画像
「庫裏」
画像
画像
工事用ネット越しに見る「参道」、一日でも速い復興を
画像
「円通院」は時間の関係で断念
画像
「観瀾亭」も惜しみつつ断念
画像
画像
芭蕉の頃はもっと自然のままで、また違った感動があったんだろうな
画像
次は岩手県へバス移動

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント