エアフェスタ浜松2016 ②基地編

自転車で数分で航空自衛隊浜松基地正門へ到着
画像

会場まで歩いて30分、シャトルバスもあったのですが、基地内に入ることは滅多にないので歩いていくことに
画像

広い!
画像

なにやら風格のある建物が
画像

20年ほど前にここで太平洋戦争時の資料を見たような気がします
画像

上空ではT-4の編隊飛行、教官の部隊だそうです
画像

暑い中だいぶ歩いたと思ったのに
画像
まだ10分あります。
映画「地獄の黙示録」を思わせる絵。「ワルキューレの騎行」が聞こえてきそう。
画像

こちらは羽休めのT-4、オープニングで飛んだやつかな?
画像

こちらは羽根を休めていないトンビ
画像

やっと会場到着
画像
すごい人!来場者数13万5千人だったそうです。
隣の磐田市の人口が約17万人なので、磐田市民のほとんどが浜松基地に集合したようなものでしょうか?
まずはA-WACSを見ましょう
画像

元旅客機の名残、窓が埋めてあります
画像

浜松基地にA-WACSは1機しかないと思っていたのですが、3機あるんですね
画像

今日のお目当ての一つF-15が展示してあったので行ってみましょう
画像

人をかき分けて
画像

近づいてみます
画像

画像

二枚の垂直尾翼が特徴
画像

そして2つめのお目当て
画像

F-2
画像

大きなサメの口
画像

AH-1 コブラ越しに先ほどの教官機部隊が戻ってきたのが見えます
画像

こちらにあるのはUH-1 ヒューイ
画像
これもベトナム戦争時に勇名を馳せたヘリコプター。
「地獄の黙示録」で「ワルキューレの騎行」が流れる中で登場しました。
そしてRF-4E
画像

飛行機の寿命も電車並み
画像

画像

ブルーインパルスは待機中
画像

とにかく人が多くてじっくり見られないし、座る所もありません。
ブルーインパルスは先ほどの広報館で見ることにして早々に引き上げます。
教官機が羽休め
画像

大型バスは足安め。この列の向こうにも大型バスがぎっしり
画像

30分歩いてから、また自転車で広報館へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント