ちょっとだけ「京都人の密かな愉しみ」

いきなり御在所PA
画像

娘を京都に送っていきました。娘の車なので道中イベント無し
画像


翌日は阪急京都線で京都市内巡り、天下分け目の天王山も今は住宅に囲まれています
画像

西山天王山駅は普通電車しか止まりません
画像

烏丸駅で地下鉄烏丸線に乗り換えますが、その前に腹ごしらえ
鴨ねぎうどん
画像

ぶっかけ天婦羅
画像

何気なく入ったのですが、出汁が絶妙でお替りしたいくらいです
画像

そして今出川で下車、周りは同志社大学
画像

室町幕府、応仁の乱ゆかりの地「大聖寺門跡」
画像

ゆっくり見たかったのですが
画像

先を急ぎます
画像

「久楽屋」もとい「俵屋吉冨」
画像

ここは「烏丸店」
画像

目的地はここではなく「本店」、途中にある「妙顕寺」も通り過ぎて
画像

30分ほど歩いて到着
画像

「京都人の密かな愉しみ」では「久楽屋」ではなく、この「俵屋吉冨」の文字が映っていました
画像

歴史を感じる看板
画像

店内に入り
画像

「雲龍」購入
画像

甘さ、舌触り、食感、うーん、さすが262年続いている老舗。
他に最中も食べたのですが、絶品!
粒餡は、小豆の皮が残る感じと餡と小豆が別物という感じがして普段は食べないのですが、この粒餡は皮も残らず餡と小豆がうまく調和してとても美味しかったです。

とここで勘違い発覚!ここは「本店」ではなく「小川店」とのこと。
たしかに先ほどシャッターの閉まった「俵屋吉冨本店」と書いてある倉庫のような建物の前を通ったのですが、日曜定休と書いてあったのでてっきり卸専門の店と思っていました。
あれが本店だったのですね、どちらにしろ日曜定休なので戻っても無駄でした。
小川店には「茶ろんたわらや」があるので、せめて甘いものでも食べて帰ろうと思ったのですが、ご婦人方の会合が延々と続いており満席で断念。

店の前には「百々橋」
画像

応仁の乱の細川勝元邸のあたり。
他にも茶道資料館とか歴史的な見所がありますが、帰ることにします
画像

帰りは長岡天神駅で降りて長岡天満宮を通って帰ります
画像

紅葉ももう終わり
画像

画像

天満宮の中にある「花の木」でフルーツサンド購入
画像

翌朝で多少色が変わっていますが、これもまた美味
画像

そしてお土産を買いに「小倉山荘」
画像

庭もすっかり冬色
画像

さあ一路浜松へ
画像

帰りは電車で帰るので、徒歩で駅を目指します
画像

娘宅からは阪急京都線が近いのですが、勢いで30分ほど歩いてJR長岡京駅へ
画像

駅まで遠いですが、JRだと乗り換えなしで京都駅まで行けます
画像

考えてみれば京都へはよく来ますが、京都駅は久しぶり
画像

1時間に1本しかない浜松に止まるひかりで帰ります
画像

ひかりだと浜松まで1時間ほど、車よりはるかに早いです
画像

山もうっすら雪化粧
画像

次は年末かな?俵屋吉冨本店はリベンジせねば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント