冬の京都 大晦日の「南禅寺」

今出川から烏丸御池まで戻り、地下鉄東西線の蹴上駅で降りると高台になっていました
画像

駅を出ると「ねじりまんぽ」という昔のトンネルがあり、これをくぐります。
「ねじりまんぽ」の名前の由来は、壁のレンガがねじれていることにあるそうです
画像

右に折れて公園を登ると「蹴上インクライン」
画像

昔舟を運んだ鉄道だそうです
画像

そして見えてきました「南禅寺」、正式には「瑞龍山 太平興国南禅禅寺」
画像

応仁の乱の西軍総大将「山名宗全」の墓が塔頭の真乗院にあるようです
画像

「絶景かな、絶景かな」の三門が見えてきました
画像

巨大な木造建築
画像

脇にあった石灯篭「佐久間玄藩の片灯寵」も巨大です
画像

巨大な三門を支えている柱、昔人の知恵の結晶
画像

南禅寺は禅宗の臨済宗南禅寺派の大本山、三門・法堂・方丈が一直線に並んでいます
画像

「法堂」
画像

法堂から三門を振り返ると改めて美しさを感じます
画像

残念ながら大晦日で参拝は境内のみ、外でお参りをします
画像

そして南禅寺で忘れてならないのが「水路閣」
画像

これも見事な建築物
画像

琵琶湖からの水を引いていた疎水だそうです
画像

128年の歳月を感じます
画像

もう使われていないのだろうと思いながら上へあがってみると、勢いよく水が流れていました
画像

疎水を辿って行くと先は暗渠になっているようです
画像

それにしても立派な三門、今度は内部拝観のできるときに来ましょう
画像

「鹿ヶ谷通」を通って「永観堂」を目指します
画像

これは水路閣から流れてきた水でしょう
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント