自転車の修理に苦戦苦闘

先日久しぶりに自転車のチェーンを洗っていたら、トラブル2件発見。
まず一つ目は
画像

クランクについているチェーンガードという部品で、アウターギアにネジで4ヵ所取り付けられているのですが、4ヶ所中3ヵ所が割れています
画像

これは部品を取り換えればいいだけなので、Amazonで探してみると同じものがありました
画像

そしてもう1ヵ所、これが重症チェーンの割れ
画像

自転車屋に持ち込めばそれで終わりなのでしょうが、まずはDIYに挑戦。
チェーンカッターなるものもAmazonで購入
画像

まずチェーンの張りを見てみましょう
画像
前を一番外側、後ろはローギアへ、つまり一番チェーンが張られた状態です。
割れたチェーンのコマを外すとかなり厳しくなりそうですが、このようなギアの使い方はしないので大丈夫でしょう。

チェーンを一番たるんだ状態にして
画像

チェーンカッターに付いていた針金でカットしたときにチェーンが落ちないようにします
画像

そしてチェーンカッターの登場
画像

ピンが簡単に抜けましたが、この簡単に抜けたことが後で面倒なことに
画像

ダラーン
画像

そしてもう1ヵ所ピンを抜いて割れているコマを外します
画像

割れ駒が外れました
画像

ところがよく見るとそれぞれのコマは内側。これでは繋がらないのでもう1ヵ所外します
画像

つごう2コマ外しました
画像

さあ今度は繋ぎましょう
画像

ところがピンが入らないのです。
プライヤーで押し込もうとしても、アロンアルフアで仮止めしても、どうしてもピンを押し込めないのです
画像

ネットでチェーンの繋ぎ方を探してみると、「ピンは最後まで抜いてはいけない。一部は残しておくように」とあります。
なに!この前見たやり方では全部抜いていたのに!
さらに調べてみると「コネクティングピン」なるものがあるとの情報で早速買い出しに。
いっそのことチェーンごと替えようかなとも思いましたが何事も経験、コネクトピンで挑戦。
これです
画像

さすがに専用品、簡単にピンの仮止めができました
画像

あとはチェーンカッターでピンを押し込んで
画像

はみ出したピンをカットして難なく完成
画像

表側は他と同じようになりましたが、裏側はちょっと窪んでいるのが気になります
画像

最後にチェーンガードを取り付けて終了
画像


繋いだ箇所とチェーンの長さが気がかりですが、しばらくこれで様子を見て、
ダメなら要領も分かったので次はチェーンごと交換だな。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント