早春の京都 東大寺編

春日大社を反対側に曲がると「嵐山」のような賑わい
画像

奈良時代創建の華厳宗大本山東大寺
画像

国宝「南大門」の扁額には「大華厳寺」と書いてあります
画像

「阿」
画像

「吽」
画像

南大門をくぐるとお目当ての「大仏殿」が見えてきました
画像

加えて人と鹿、ほとんどが海外からの観光客です。
鹿は何ヶ国語理解できるのかな?
画像

実物大の手
画像

鎌倉時代に再建された南大門、800有余年の時の流れを感じます
画像

「中門」の左側が入口なので、そちらへ廻りましょう
画像

拝観料を払って中へ入ると大仏殿の威容が見えます
画像

均整の取れた見事な建物
画像

創建時はもっと巨大だったとか
画像

「大仏殿」として知られていますが、本来は「金堂」(本堂)でご本尊が「廬舎那仏」いわゆる大仏さんです
画像

座高は14.7m手の大きさは2m以上あります
画像

右隣には「虚空蔵菩薩」、大仏の隣で大きさをあまり感じませんが、かなり巨大です
画像

左奥には「廣目天」
画像

右奥には「多聞天」、これらも巨大です
画像

有名な柱の潜り抜け、こりゃ無理だな
画像

大仏さんの左隣は「如意輪観音」
画像

中学の修学旅行の時ガイドさんが「だいぶっつぁん」「だいぶっつぁん」と呼んでいたのを思い出しました
画像

画像

物欲しげな鹿に別れを告げ
画像

まだ見たいところはありますが帰りましょう
画像

やっと雨も上がって日が出てきました
画像

「奈良国立博物館」の建物も綺麗だな
画像


「興福寺」「東大寺」素晴らしかったです。
奈良、もう少し訪ねてみたいところがあるのですが、如何せん交通網が難点。
京都市内なら電車とバスでほとんどカバーできるのですが、奈良は名所が点在しているので車でないと厳しそう。
広範囲にわたるので、1日1ヵ所と割り切った方が良さそうですね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント