春の京都 高台寺

「ねねの路」もこの辺は比較的静かです
画像

高台寺公園でトイレ休憩、女子トイレでは長蛇の列ができていました
画像

予定していなかったのですが、ここまで来たのですから高台寺を参拝しましょう。
参道の坂を上っていくと「八坂の塔(法観寺)」、遠くに京都タワーも見えます。
高台寺は名前通り高台にあります(本当はねねの法名の「高台院湖月心公」からきているのですが)
画像

「霊山観音」が近くに見えますが、高台寺とは別
画像

「庫裏」の脇から参拝するようです。
右側にはハート形の絵馬があります。これも人気の一つかな
画像

ねねの路から「台所坂」で直接来られるようです
画像

庫裏の手前に「唐門」と苔むした庭
画像

庫裏の奥に進むと「銅閣寺(大雲院)」が見えます
画像

この狭い道が順路です
画像

順路を進むと「湖月庵」、茶室
画像

そして「遺芳庵」、これも茶室です
画像

ここで折れて「方丈」へ向かいます。
奥が「開山堂」、木橋の真ん中あたりが「観月台」
画像

方丈でご本尊にお参り。
高台寺は臨済宗建仁寺の塔頭で、豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)ねねが秀吉の冥福を祈るために建立した寺で、ご本尊は「釈迦如来」。
振り返ると方丈前庭と「勅使門」
画像

落ち着いた庭です
画像

枝垂桜の上には秀吉とねねかな?
画像

方丈をぐるっと回って外へ出て
画像

「開山堂」と「観月台」
画像

穏やかな庭園です
画像

苔も良い感じ
画像

「開山堂」
画像

奥が方丈、静かです
画像

開山堂から「霊屋」へ続く木橋
画像

霊屋には秀吉とねねの木造があります。
ねねの木造の下には、ねねの亡骸が座った格好で眠っていて、秀吉が眠る「豊国神社」の方を向いているそうです。

霊屋から開山堂への木橋を見下ろすと、かなりの高さがあります。
この辺が「桃山断層」
画像

桃山断層をもう少し登ってみましょう
画像

登ると左に「傘亭」と右に「時雨亭」
画像
両方とも伏見城から移築されたとのことです。

「傘亭」
画像

傘亭の由来は、屋根の桟が傘のように組んであることから来たそうです
画像

淀川から舟で直接入れるように土間が切ってあります
画像

そして「時雨亭」
画像

淀川沿いにあったため高床式になっています
画像

画像

ここからの眺めがこれ。正面が天王山、霊山観音の後ろの谷間が大阪方面。
ねねは大坂夏の陣で大阪城が燃える黒い煙を、先ほどの窓から涙を流しながら見ていたそうです
画像


さあ、桃山断層を下りましょう
画像

かなりの高低差
画像

「雲居庵」で
画像

一服
画像

これだけ広く、高低差もあると庭の手入れも大変でしょう
画像

台所坂をもうひと下り。
おねえさん!おねえさん!振袖で走ると危ないよ!DSC_0501.JPG

高低差を生かした禅寺らしく落ち着いた境内、五つあった茶室はどれも質素な造りで、秀吉の黄金の茶室とは正反対です。
晩年の秀吉の横暴さと金ぴか趣味が好きになれず、後回しにしていたのですが来てよかった。
高台寺、ねねの思いが偲ばれる心安らぐ良いお寺でした。
次は因縁の鐘のある「方広寺」かな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント