春の京都 薬師寺(伽藍)

工事現場を降りて改めて世界遺産「薬師寺」、興福寺と同じ法相宗の大本山
画像

創建は680年で開基は「壬申の乱」の聖武天皇。
1976年に再建された「金堂」、ご本尊の「薬師如来」がお祀りしてあります
画像

中門にある「阿」
画像

「吽」
画像

裏から見た「南門」
画像

そして「西塔」、六重に見えますが小さいのは「裳階(もこし)」という飾り屋根
画像

2003年に再建された「大講堂」、中央に弥勒如来、向かって右に法苑林菩薩、左に大妙相菩薩がお祀りされていて、弥勒菩薩ではなく弥勒如来として祀るのが法相宗の特徴だそうです
画像

飾り瓦もまだ輝いています
画像

東塔の東側の長い回廊を通って
画像

国宝の「東院堂」をお参りしましょう
画像

2017年に再建されたばかりの「食堂(じきどう)」で、
「阿弥陀三尊浄土図」を中心とした全長50mもの壁画「仏教伝来の道と薬師寺」を見学して
画像

道路を渡って
画像

「玄奘三蔵院」を見学しましょう
画像

ここも広い境内
画像

玄奘とは孫悟空に登場する三蔵法師のことで法相宗の鼻祖(元祖)だそうです
画像

玄奘三蔵院
画像

奥には平山郁夫の玄奘三蔵の旅路を描いた「大唐西域壁画」があります
画像

そろそろ次へ向かいましょう
画像

東塔の工事現場は混んでいましたが、他はゆったり見ることができました。
再建間もないということで伽藍もまだ鮮やかで、同じ法相宗ということもあり雰囲気が興福寺に似ているのでしょう。

薬師寺を出て
画像

かなり疲れてきましたが、長い旅路を経てここまで来たのだからもう少し頑張りましょう
画像

北に向かいます
画像

大和路らしい景色を眺めながら進むと
画像

正面に第2の目的地が見えてきました
画像

【追記】
中学の修学旅行で薬師寺へ行き、面白い講和を聞いたのを思い出しました。
残念ながら内容は覚えていませんが、講和の後に学年主任の先生が「あの方唇が乾いていただろ。それだけ一生懸命に話をしてくれたんだ。」と言っていたのを覚えています。
多分あれが高田好胤さんだったのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント