リーフe+で水戸帰

お盆も無事済んだので、一路水戸から浜松へ帰りましょう。
シーラックパルの8階からの景色DSC_1178.JPG
遠くに「水戸芸術館」が見えますDSC_1181.JPG
すぐ近くには茨城県庁DSC_1183.JPG
2泊3日お世話になったホテルシーラックパル水戸、駐車場が県外ナンバーの車で満車だったので満室だったのでしょうDSC_1184.JPG
新開発された赤塚駅方面で用事を済ませDSC_1187.JPG
常磐道で帰路に着きますDSC_1189.JPG
「友部SA」で充電がてら昼食と思ったのですが充電待ち状態DSC_1191.JPG
こういう時は62kwの利点、充電は次の充電スポットで行なうことにして昼食だけ取り、戻ってみると充電待ち車が1台増えていましたDSC_1192.JPG
「EVsmart」で調べてみると「千代田PA」が空いているので、千代田PAへ向かいましょうDSC_1193.JPG
情報通り空いていましたDSC_1196.JPG
1%で4.3km、どうやら高速では1%で4km強走れる計算かDSC_1194.JPG
30分充電して28%→62%、121km→266km、+145kmDSC_1197.JPG
帰りも行き同様圏央道で帰りますDSC_1198.JPG
70km/h制限で速くはないですがスムーズに流れていますDSC_1206.JPG
家康が造った穀倉地帯、長閑な関東平野を横断DSC_1210.JPG
「鬼怒川」DSC_1213.JPG
家康が進路を変えた「利根川」(坂東太郎)DSC_1220.JPG
あの城はまがい物だよなぁ?DSC_1223.JPG
埼玉県内に入ると100km/hまで上がりますDSC_1231.JPG
往路と同じ「菖蒲PA」で一休みDSC_1238.JPG
ここには先客がいましたがDSC_1233.JPG
充電量は心配無かったのですが(70km/h規制のおかげで1%の電費が4.7kmに上がっています)DSC_1232.JPG
10分ほどで空くというので、待ってから充電DSC_1240.JPG
「仙七の半熟カレーせん」を買いながら待つこと30分DSC_1242.JPG
充電量が40%、走行可能距離が188km増えて395kmになりました。これで途中充電の心配なく帰れそうですDSC_1243.JPG
今年は日照時間が短くなっていますが、今のところ稲は青々としているようですDSC_1224.JPG
今まで順調に来たのに、なにやら不吉な掲示がDSC_1247.JPG
帰路1回目の渋滞DSC_1249.JPG
事故現場を抜けるとDSC_1254.JPG
すいすいDSC_1256.JPG
車は多いですが、比較的スムーズに流れていますDSC_1258.JPG
ところが東名との合流付近でまたもや不吉な掲示DSC_1270.JPG
大渋滞ですDSC_1274.JPG
路肩が工事中なので作業車は車の間を縫うように通り抜けていきます。
他の車は作業車が通れるように道を譲っています、日本のドライバーはマナーが良い(落とし物をしたドライバー以外!)DSC_1275.JPG
「足柄SA」で一休みDSC_1279.JPG
登りが効いたのか1%電費は4.2kmに低下DSC_1277.JPG
ちょうど今頃は土砂降りの予報だったのですが、何とかもっていますDSC_1280.JPG
30分で49%→82%、205km→341kmへ回復DSC_1283.JPG
あとは新東名を通ってDSC_1285.JPG
途中休憩しようと思ったのですが土砂降りとなり、車から降りる気がしなかったので一気に「浜松・浜北IC」へDSC_1293.JPG
7時間ほどで無事帰着DSC_1298.JPG

2日程の試乗でn-linkでのデータを取れず概算ですが、1%電費で4~5km走れるので満充電でカタログ値の400~500kmは走れそうです。
しかも従来よりパワーアップし重量も増加しているせいか、高速での安定感や乗り心地も向上しています。
重量増は軽快感や電費と反比例しそうですが、パワーアップとモーター効率が上回っているように感じます。
870kmの旅でしたが、ドライバーの疲労度に応じて休憩がてら充電すればいいので楽でした。
ガソリン車にすればそんな心配はない?
いやいやEVに乗ったらガソリン車には戻れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント