テーマ:京都

七五三で京都 復路編

七五三、紅葉と堪能したので帰りましょう その前に昼食に「西山こっぺ堂」に寄りましょう いつも通り「長岡京IC」から乗ると 京滋バイパスはガラ空き まずは「土山PA」で充電がてら一休み 走行距離(km) 71.7 電費(km/kWh) 6.6 30分で65%、+136kmまで充電 名古屋港あたりでは虹 順調に走って 三ケ…

続きを読むread more

七五三で京都 二尊院編

嵯峨野路を歩くと「落柿舎」が見えてきました そしてやってきたのは「二尊院」正式には小倉山二尊教院華台寺(おぐらやま にそんきょういん けだいじ)天台宗のお寺です ここは馬場が見事 この辺は橙色 阪急嵐山駅から延々と歩いて来て、どうしても見たかった景色 小倉山の緑との取合せも絶妙 馬場と突き当りの築地壁との調和も見事です …

続きを読むread more

七五三で京都 常寂光寺編

次にやってきたのは「小倉山 常寂光寺」、日蓮宗のお寺です 「山門」を抜けると一面紅葉の世界 「仁王門」も紅葉に包まれています 仁王門から覗くと小倉山の斜面と「赤」の世界 小倉山の急な石段の脇も赤く染まり 赤い絨毯 見事です 石段を振り返ると 嵯峨野も一望できます 「本堂」のご本尊の「十界大曼荼羅」をお参りしてか…

続きを読むread more

七五三で京都 嵐山編

法輪寺を降りて「渡月橋」方面へ向かうと「小倉山」が見えてきます 雨模様のせいか静かです 屋形船も乗る人もなく この辺は至って静かです 桂川沿いに西へ向かうと「赤」と「白」 さらに進むと嵐山は色とりどりとなってきます 「嵐山公園」へ丘を登ると 「赤」 「赤」 そして絶景! 霞のかかり具合も絶妙 屋形船の乗り場が見えま…

続きを読むread more

七五三で京都 法輪寺編

翌日は雨、紅葉の名所も多少は空いていると思い、いつもの西山天王山駅から 阪急電車に乗って 「嵐山」へやって来ました西山天王山から阪急で230円で来られます。お手軽。 渡月橋とは反対方向に進み「法輪寺」へ 十三参りで有名な真言宗のお寺で、訪ねるのは2回目です。 山門の奥も期待できそうです 山門をくぐると”緑黄赤” 108…

続きを読むread more

七五三で京都 柳谷観音編

翌日にやってきたのは、近場の通称「柳谷観音」、「立願山楊谷寺」西山浄土宗のお寺です ここも期待できそう 高い石段を注意しながら登ると「風神」と 「雷神」 柳谷観音は紫陽花祭りの時のインスタ映えで有名ですが、紅葉の時期も人気のようです 本堂でご本尊「十一面千手千眼観世音菩薩」にお参りしてから「書院」へ進むとこれもインスタ映えしそ…

続きを読むread more

七五三で京都 長岡天満宮編

11月30日、八幡宮の七五三参りの最終日ギリギリ間に合いました 最終日なので空いているのかな? 紅葉もいい具合です 紅葉庭園「錦景苑」は後でゆっくり 見ることにしてチラッと 先にお参りを済ませましょう空いているかと思ったら、結構混んでいて待たされました。 境内の紅葉 午後の撮影が迫っているので、ひとまず帰りましょう …

続きを読むread more

七五三で京都 往路編

孫の成長は早いもので、もう七五三です。 秩父宮から1週間も経たずに、今度は七五三のお参りと屋外出張撮影のために京都へ行って来ました。 この時期の京都、紅葉も期待できます。行きたい所はたくさんありますがメインは七五三です。 自宅を100%充電、走行可能距離421kmで出発途中充電なしで行けそうですが、鈴鹿あたりで休憩がてら充電す…

続きを読むread more

敬老の日で京都(復路編)

観光はできませんでしたが、敬老会のイベントも無事終わったので帰りましょう。 残62%、走行可能距離299kmなので十分浜松まで帰れそうです 「長岡京IC」から京滋バイパスに乗ると 3連休の最終日にかかわらず空いています 東山も綺麗に見えます 新名神に入ると交通量は増えましたが、流れは順調です 往路と同じく「鈴鹿PA」で一休み…

続きを読むread more

敬老の日で京都(三たび長岡京編)

浜松へ帰る当日、午前中に時間があったので「サントリー京都ビール工場ブルアリー」を見学 ビール工場らしい円柱が目を引きます ゆったりとした敷地に 工場見学専用バス 「仕込タンク」かなりの熱を発するようです 「貯酒タンク」 通路のプロジェクションマッピング 本物のようです 缶詰工程 こちらは瓶詰工程工場内で見かけたのは一人…

続きを読むread more

敬老の日で京都(河原町編)

翌日の日曜日、月曜日には浜松へ帰らないといけないので唯一の観光日、さてどこへ行くか? 鞍馬、比叡、出町柳などを考えていたのですが、孫の具合が良くないため近場で済ませましょう。 「伊賀寺」の発掘は終わったようです 「西山天王山駅」から 準急に乗って 「河原町」へ 季節は秋とはいえ暑い日が続いているせいか、「南座」では「東海道四…

続きを読むread more

敬老の日で京都(長岡京編)

翌日の午前中は恒例の蚊に刺されながらの虫取りに始まり、午後から幼稚園での敬老の会に出かけました。 まだ敬老会の主役になるには早いと思っていたのですが、年齢的には十分に主役をはれるようになってしまいました。 孫と一緒に遊び無事終了、帰りに「にがりや」で豆腐購入、京都の豆腐は水がいいせいか美味 そして夕方はまたしても虫取り ここも遺…

続きを読むread more

敬老の日で京都(往路編)

孫の幼稚園の「敬老の日ファミリーデー」のために13日から京都へ行って来ました。 午前中に用事を済ませ午後から出発。今回からリーフe+なのでバッテリー残量78%、走行可能距離300kmのまま出発 プロパイロット付きなので高速走行はお任せです昔乗っていたプリメーラに前車をレーダーで探知して追随するオートクルーズが付いていたので違和感はあ…

続きを読むread more

春の京都 帰路編

今回は短めに切り上げて、改元初日に帰路に着きました。 長岡京市内を多少走ったので残り35% 草津までは行けそうですが、いつものローソンで充電しておきましょう 買物をしながら30分で82%まで充電できました 不吉な掲示が出ていますが、さあ!帰りましょう! 今までの長期連休の経験からすると、中日は空いているはず ところが高速に乗って5分で渋…

続きを読むread more

春の京都 唐招提寺

角を曲がると世界遺産「唐招提寺」の「南大門」、多分中学の修学旅行で来たと思うのですが記憶にありません。 ただこの門はなんとなく見たことがあるような気がします、 唐招提寺は律宗の総本山で本尊は「廬舎那仏」、鑑真が建立した寺院として有名です。 正面に「金堂」 お参りを済ませ 「鼓楼(ころう、鑑真の仏舎利を安置)」と「礼堂(らいどう、鼓楼に…

続きを読むread more

春の京都 薬師寺(伽藍)

工事現場を降りて改めて世界遺産「薬師寺」、興福寺と同じ法相宗の大本山 創建は680年で開基は「壬申の乱」の聖武天皇。 1976年に再建された「金堂」、ご本尊の「薬師如来」がお祀りしてあります 中門にある「阿」 「吽」 裏から見た「南門」 そして「西塔」、六重に見えますが小さいのは「裳階(もこし)」という飾り屋根 2003年…

続きを読むread more

春の京都 薬師寺(東塔)

翌日は少し遠出してみましょう。 靄でむせぶ天王山を見ながら、いつもの発掘現場を通り いつもと逆の梅田行に乗って 隣の「大山崎駅」でおります 歩いて数分のJR「山崎駅」へ来ました 駅前に「妙喜庵」 「待庵」、国宝の茶室があります。 山崎に待庵があるのは知っていたのですが、駅の目の前とは思いませんでした。 事前予約が必要との…

続きを読むread more

春の京都 八坂庚申堂

「高台寺掌美術館」で蒔絵や肖像画を見学した後に向かったのは、着物の展示会場 ではなく「八坂庚申堂」。 正式には「大黒山 金剛寺 庚申堂」と言い天台宗の寺院で、ご本尊は青面金剛 境内には「まず本堂にお参りしてください、そのあとの写真撮影は自由です」 との住職の気持ちの表れた立札がいくつかありますが、本堂は三猿も寂しそう 振り返る…

続きを読むread more

春の京都 高台寺

「ねねの路」もこの辺は比較的静かです 高台寺公園でトイレ休憩、女子トイレでは長蛇の列ができていました 予定していなかったのですが、ここまで来たのですから高台寺を参拝しましょう。 参道の坂を上っていくと「八坂の塔(法観寺)」、遠くに京都タワーも見えます。 高台寺は名前通り高台にあります(本当はねねの法名の「高台院湖月心公」からきて…

続きを読むread more

春の京都 祇園白川

さて二日目、今日の目的地は「祇園白川」。 祇園の南側はよく行くのですが、北側はまだ行ったことがありません。 伊賀寺の発掘現場も10連休のようです いつもの「西山天王山駅」から 阪急電車に乗って 「河原町」へやって来ました。あれ?いつもと同じ位の混み具合だな 「先斗町」に入ってみましょう 午前中とあってひっそりとしていま…

続きを読むread more

春の京都 往路編

世の中10連休と騒いでいますが、メーカーOBとしては年3回10連休に近い休みがあったので普通の事のように感じます。ただし祝日はほとんど出勤でしたが。 とは言えアルバイトもなく季節もいいので、また京都へ行って来ました。 連休初日は用事があったのと、経験から初日は混むということで連休二日目に出発。 100%充電で出発 三方原PAから東名へ…

続きを読むread more

早春の京都 帰路編

寒い早春の京都でしたが、古都を満喫できたので帰りましょう。 石清水八幡宮へ行った帰りにローソン長岡京店で充電しておきましょう 石清水八幡宮と長岡京市内の移動で走行距離(km) 17.7 電費(km/kWh) 7.1 向かいの「万代」買い物している間に30分で74%充電、少ないな充電器の容量が小さいのかな?調べたら中速充電器でした。…

続きを読むread more

早春の京都 太秦編

寒い日、雨も上がってきたので出かけてみることにしました。 それでもまたいつ降り出すかわからないので、近場を選択。 いつも通り西山天王山駅から 阪急電車で 「西院」へ 隣にある嵐電「西院」(こちらは「さい」)へ ここには嵐電の車庫があります 「大宮」行きの電車は「夕子」 「西院」駅で上下線がすれ違うので 嵐山行きはほ…

続きを読むread more

早春の京都 祇園編

昼食にワルダーで買ったパンを食べての午後、また伊賀寺発掘現場を過ぎて 午前同様に河原町行きの阪急電車に乗って 「高瀬川」 「南座」の前を通って 四条通の混雑を避けて路地を曲がると、移転したての「とらや」には寄らず 祇園の路地を抜け この辺の路地はいかにも京都らしい風情 「花見小路」はこの混雑 花見小路を横切って「ザ・祇園…

続きを読むread more

早春の京都 河原町編

翌日晴天下、伊賀寺の発掘現場を通り 西山天王山駅から 阪急電車に乗り 「寺町通」を抜けて 「錦天満宮」も越えて 「寅薬師」も過ぎて 和泉式部ゆかりの「誠心院」も通り越して 六角通りを曲がって到着したのは「Bento&co」 いろいろ面白そうな弁当箱があるのですが 12時オープン!やっちまったなあ! 気を取り直して「嵩…

続きを読むread more

早春の京都 東大寺編

春日大社を反対側に曲がると「嵐山」のような賑わい 奈良時代創建の華厳宗大本山東大寺 国宝「南大門」の扁額には「大華厳寺」と書いてあります 「阿」 「吽」 南大門をくぐるとお目当ての「大仏殿」が見えてきました 加えて人と鹿、ほとんどが海外からの観光客です。 鹿は何ヶ国語理解できるのかな? 実物大の手 鎌倉時代に再建された…

続きを読むread more

早春の京都 興福寺編

雨模様の寒い日曜日、ちょっと足を延ばして奈良へ。 長岡京から車で1時間ほどで到着 神様のお使いの鹿がお迎えしてくれているようです 何もなければおとなしいのですが ひとたび鹿せんべいを見つけると大変なことに 鹿を振り切り興福寺の境内へ 京都のお寺と違って解放感を感じる境内。遠くは「南円堂」 国宝の五重塔 去年復元された「中…

続きを読むread more

早春の京都 石清水八幡宮編

「仁和寺にある法師、年よるまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり徒歩(かち)より詣でけり。」(徒然草) 半年前に仁和寺へ参拝したので、今回は石清水八幡宮へ行って来ました。 ”徒歩”ではなく車で行ったので長岡京から15分ほどで到着。 駐車場に車を置き、表参道はこちらですが反対側の 「頓宮」へ向…

続きを読むread more

早春の京都 長岡天神編

思ったより早く京都についたので、近場の長岡天神を散歩。 梅はもう終わりに近いのか 春になるとキリシマツツジが見事なのですが、今は名残の梅だけ 鳥居は足元を補強中 三寒四温の寒々しい景色、今日は寒い一日です ただ今はひっそり この地は菅原道真の所領だった由縁でここにお祀りしているそうです 半年ぶりに来てみると新しい店ができて…

続きを読むread more

早春の京都 往路編

約半年ぶりに京都訪問。 梅は終わりに近づき、桜にはまだ早い閑散期、のはず。 自宅をいつも通り100%充電で出発 三方原スマートICから 静かな浜名湖を超え 途中工事区間もありましたが 順調に進んで刈谷PAで充電と思ったのですが、先客がいたので長島まで脚を延ばして バッテリー残量低下の警告が出ましたが、前回同様セーフ 走行距離(km) …

続きを読むread more