テーマ:奈良

春の京都 唐招提寺

角を曲がると世界遺産「唐招提寺」の「南大門」、多分中学の修学旅行で来たと思うのですが記憶にありません。 ただこの門はなんとなく見たことがあるような気がします、 唐招提寺は律宗の総本山で本尊は「廬舎那仏」、鑑真が建立した寺院として有名です。 正面に「金堂」 お参りを済ませ 「鼓楼(ころう、鑑真の仏舎利を安置)」と「礼堂(らいどう、鼓楼に…

続きを読むread more

春の京都 薬師寺(伽藍)

工事現場を降りて改めて世界遺産「薬師寺」、興福寺と同じ法相宗の大本山 創建は680年で開基は「壬申の乱」の聖武天皇。 1976年に再建された「金堂」、ご本尊の「薬師如来」がお祀りしてあります 中門にある「阿」 「吽」 裏から見た「南門」 そして「西塔」、六重に見えますが小さいのは「裳階(もこし)」という飾り屋根 2003年…

続きを読むread more

春の京都 薬師寺(東塔)

翌日は少し遠出してみましょう。 靄でむせぶ天王山を見ながら、いつもの発掘現場を通り いつもと逆の梅田行に乗って 隣の「大山崎駅」でおります 歩いて数分のJR「山崎駅」へ来ました 駅前に「妙喜庵」 「待庵」、国宝の茶室があります。 山崎に待庵があるのは知っていたのですが、駅の目の前とは思いませんでした。 事前予約が必要との…

続きを読むread more

早春の京都 東大寺編

春日大社を反対側に曲がると「嵐山」のような賑わい 奈良時代創建の華厳宗大本山東大寺 国宝「南大門」の扁額には「大華厳寺」と書いてあります 「阿」 「吽」 南大門をくぐるとお目当ての「大仏殿」が見えてきました 加えて人と鹿、ほとんどが海外からの観光客です。 鹿は何ヶ国語理解できるのかな? 実物大の手 鎌倉時代に再建された…

続きを読むread more

早春の京都 興福寺編

雨模様の寒い日曜日、ちょっと足を延ばして奈良へ。 長岡京から車で1時間ほどで到着 神様のお使いの鹿がお迎えしてくれているようです 何もなければおとなしいのですが ひとたび鹿せんべいを見つけると大変なことに 鹿を振り切り興福寺の境内へ 京都のお寺と違って解放感を感じる境内。遠くは「南円堂」 国宝の五重塔 去年復元された「中…

続きを読むread more