テーマ:東山

春の京都 八坂庚申堂

「高台寺掌美術館」で蒔絵や肖像画を見学した後に向かったのは、着物の展示会場 ではなく「八坂庚申堂」。 正式には「大黒山 金剛寺 庚申堂」と言い天台宗の寺院で、ご本尊は青面金剛 境内には「まず本堂にお参りしてください、そのあとの写真撮影は自由です」 との住職の気持ちの表れた立札がいくつかありますが、本堂は三猿も寂しそう 振り返る…

続きを読むread more

春の京都 高台寺

「ねねの路」もこの辺は比較的静かです 高台寺公園でトイレ休憩、女子トイレでは長蛇の列ができていました 予定していなかったのですが、ここまで来たのですから高台寺を参拝しましょう。 参道の坂を上っていくと「八坂の塔(法観寺)」、遠くに京都タワーも見えます。 高台寺は名前通り高台にあります(本当はねねの法名の「高台院湖月心公」からきて…

続きを読むread more

冬の京都 元日の「知恩院」

建仁寺を後に裏道を八坂神社方面へ向かいます。 路地で「保元の乱」の主役」「崇徳天皇御廟」を発見。ひっそりとした御廟です そして「八坂神社」 想像していたとはいえ、すごい人の波です 西楼門から入り、お参りもせずに早々に離脱。 「知恩院」にやって来ました これもまた立派な「三門」が見えます 三門から一直線に参道が延びていますが…

続きを読むread more

冬の京都 大晦日の「永観堂」

南禅寺から歩いて10分ほどで「永観堂」到着 正式には「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」という浄土宗のお寺です ここは紅葉で有名ですが、今は冬 一面茶色の世界です 永観堂は内部拝観できました。 玄関はすっかり正月の装い 中庭を抜け 「御影堂」にお参りしてから 「三鈷の松」 確かに三つ葉になっています 「開山堂」へ上る階段…

続きを読むread more

冬の京都 大晦日の「南禅寺」

今出川から烏丸御池まで戻り、地下鉄東西線の蹴上駅で降りると高台になっていました 駅を出ると「ねじりまんぽ」という昔のトンネルがあり、これをくぐります。 「ねじりまんぽ」の名前の由来は、壁のレンガがねじれていることにあるそうです 右に折れて公園を登ると「蹴上インクライン」 昔舟を運んだ鉄道だそうです そして見えてきました「南禅寺…

続きを読むread more

冬の京都③

二日目は無理をせず清水寺くらいで帰る予定にして京都駅前からバスに乗りました。バスはかなり混んでいて、隣に居合わせた88歳のおばあさんと立ち話。京都生まれの京都育ちだそうで、「80を過ぎたら京女は喋り過ぎたらダメと言われるんだけど、中々できないんですよ」などと言いながら清水寺へ行くなら「清水道」で降りたほうがいいよ、バスの案内は一つ手前を…

続きを読むread more

冬の京都④

さてお昼をどこで食べようか?土産物の店ではつまらないし、ということで清水道まで下りてきました。ところがあるのは混ぜそばと中華屋、迷っていると「銀閣寺」行きのバスが来たので思いつきで乗ってしまいました。銀閣寺前のバス停にあったのがお蕎麦屋さん特に出汁がとても美味しかったです「哲学の道」は早々に諦めて「銀閣寺」を目指します落ち着いた雰囲気「…

続きを読むread more