テーマ:寺社

「GoTo テンプル」

世の中4連休で「GoTo トラベル」が始まりましたが、COVID-19がまた猛威を振るい始めました。 「GoTo トラブル」とならぬよう厄除けを兼ねて「GoTo テンプル」で袋井三山を訪ねてみました。 まずは初詣と厄除け団子で有名な「法多山 尊永寺」、袋井市内では数少ない真言宗のお寺です。 例年今の時期に行われる「袋井風鈴まつり」…

続きを読むread more

「医王寺」

コロナは収まり知らず、ならば神仏の力にすがる他なし。 「祇園祭」も「葵祭」も疫病封じから始まったとか、ならば仏の力を借りに磐田の「医王寺」へ 真言宗智山派の名刹、「 鎌田山(かまださん)金剛院(こんごういん)醫王寺(いおうじ)」が正式名称で、ご本尊はそのものずばり「薬師如来」 8世紀の創建で石積みが見事です 右側から回ってみまし…

続きを読むread more

「山住神社」

コロナ感染が怖いとはいえ家でwowowばかり見ていても仕方ないので、感染リスクの少ない”山”へ出かけてみました。 自宅を81%充電(走り出してすぐ80%になりました) 「飛竜大橋」を越えると 木材の町「天竜」 「天竜二俣」駅近辺は桜が満開 コロナに関係なく咲き誇っています 桜が似合う場所です 「栄林寺」の桜も満開 「秋葉…

続きを読むread more

龍尾神社の枝垂れ梅

枝垂れ梅が咲いて来たと新聞で見たので、掛川の「龍尾神社」へ出かけてみました 梅見の前にお参りをしましょう 鳥居の先はいきなり急な階段になっています 100段の階段を登りきるとドラえもんがお出迎え なんでドラえもん? 拝殿にお参り、ご祭神は「素盞鳴尊」「櫛稲田姫尊」「毒蛇気神尊」。 神仏習合時は「牛頭天王」、京都の八坂神社…

続きを読むread more

七五三で京都 二尊院編

嵯峨野路を歩くと「落柿舎」が見えてきました そしてやってきたのは「二尊院」正式には小倉山二尊教院華台寺(おぐらやま にそんきょういん けだいじ)天台宗のお寺です ここは馬場が見事 この辺は橙色 阪急嵐山駅から延々と歩いて来て、どうしても見たかった景色 小倉山の緑との取合せも絶妙 馬場と突き当りの築地壁との調和も見事です …

続きを読むread more

七五三で京都 常寂光寺編

次にやってきたのは「小倉山 常寂光寺」、日蓮宗のお寺です 「山門」を抜けると一面紅葉の世界 「仁王門」も紅葉に包まれています 仁王門から覗くと小倉山の斜面と「赤」の世界 小倉山の急な石段の脇も赤く染まり 赤い絨毯 見事です 石段を振り返ると 嵯峨野も一望できます 「本堂」のご本尊の「十界大曼荼羅」をお参りしてか…

続きを読むread more

七五三で京都 法輪寺編

翌日は雨、紅葉の名所も多少は空いていると思い、いつもの西山天王山駅から 阪急電車に乗って 「嵐山」へやって来ました西山天王山から阪急で230円で来られます。お手軽。 渡月橋とは反対方向に進み「法輪寺」へ 十三参りで有名な真言宗のお寺で、訪ねるのは2回目です。 山門の奥も期待できそうです 山門をくぐると”緑黄赤” 108…

続きを読むread more

七五三で京都 柳谷観音編

翌日にやってきたのは、近場の通称「柳谷観音」、「立願山楊谷寺」西山浄土宗のお寺です ここも期待できそう 高い石段を注意しながら登ると「風神」と 「雷神」 柳谷観音は紫陽花祭りの時のインスタ映えで有名ですが、紅葉の時期も人気のようです 本堂でご本尊「十一面千手千眼観世音菩薩」にお参りしてから「書院」へ進むとこれもインスタ映えしそ…

続きを読むread more

七五三で京都 長岡天満宮編

11月30日、八幡宮の七五三参りの最終日ギリギリ間に合いました 最終日なので空いているのかな? 紅葉もいい具合です 紅葉庭園「錦景苑」は後でゆっくり 見ることにしてチラッと 先にお参りを済ませましょう空いているかと思ったら、結構混んでいて待たされました。 境内の紅葉 午後の撮影が迫っているので、ひとまず帰りましょう …

続きを読むread more

今年も豊川稲荷

今年も「豊川稲荷」へ行ってきました。6年連続での参詣です。 充電残量95%で出発、高速を使って1時間ほどで到着 あいにくの雨のせいか境内は空いています 秋季大祭(鎮座祭)の準備も始まっているようです 雨の境内もひっそりとしてよい雰囲気です 旧祈祷受付所も古寺らしい佇まいです 新しい受付所で受付を済ませ、御祈祷が無事に済むと楽…

続きを読むread more

春の京都 唐招提寺

角を曲がると世界遺産「唐招提寺」の「南大門」、多分中学の修学旅行で来たと思うのですが記憶にありません。 ただこの門はなんとなく見たことがあるような気がします、 唐招提寺は律宗の総本山で本尊は「廬舎那仏」、鑑真が建立した寺院として有名です。 正面に「金堂」 お参りを済ませ 「鼓楼(ころう、鑑真の仏舎利を安置)」と「礼堂(らいどう、鼓楼に…

続きを読むread more

春の京都 薬師寺(伽藍)

工事現場を降りて改めて世界遺産「薬師寺」、興福寺と同じ法相宗の大本山 創建は680年で開基は「壬申の乱」の聖武天皇。 1976年に再建された「金堂」、ご本尊の「薬師如来」がお祀りしてあります 中門にある「阿」 「吽」 裏から見た「南門」 そして「西塔」、六重に見えますが小さいのは「裳階(もこし)」という飾り屋根 2003年…

続きを読むread more

春の京都 薬師寺(東塔)

翌日は少し遠出してみましょう。 靄でむせぶ天王山を見ながら、いつもの発掘現場を通り いつもと逆の梅田行に乗って 隣の「大山崎駅」でおります 歩いて数分のJR「山崎駅」へ来ました 駅前に「妙喜庵」 「待庵」、国宝の茶室があります。 山崎に待庵があるのは知っていたのですが、駅の目の前とは思いませんでした。 事前予約が必要との…

続きを読むread more

春の京都 八坂庚申堂

「高台寺掌美術館」で蒔絵や肖像画を見学した後に向かったのは、着物の展示会場 ではなく「八坂庚申堂」。 正式には「大黒山 金剛寺 庚申堂」と言い天台宗の寺院で、ご本尊は青面金剛 境内には「まず本堂にお参りしてください、そのあとの写真撮影は自由です」 との住職の気持ちの表れた立札がいくつかありますが、本堂は三猿も寂しそう 振り返る…

続きを読むread more

春の京都 高台寺

「ねねの路」もこの辺は比較的静かです 高台寺公園でトイレ休憩、女子トイレでは長蛇の列ができていました 予定していなかったのですが、ここまで来たのですから高台寺を参拝しましょう。 参道の坂を上っていくと「八坂の塔(法観寺)」、遠くに京都タワーも見えます。 高台寺は名前通り高台にあります(本当はねねの法名の「高台院湖月心公」からきて…

続きを読むread more

早春の京都 太秦編

寒い日、雨も上がってきたので出かけてみることにしました。 それでもまたいつ降り出すかわからないので、近場を選択。 いつも通り西山天王山駅から 阪急電車で 「西院」へ 隣にある嵐電「西院」(こちらは「さい」)へ ここには嵐電の車庫があります 「大宮」行きの電車は「夕子」 「西院」駅で上下線がすれ違うので 嵐山行きはほ…

続きを読むread more

早春の京都 東大寺編

春日大社を反対側に曲がると「嵐山」のような賑わい 奈良時代創建の華厳宗大本山東大寺 国宝「南大門」の扁額には「大華厳寺」と書いてあります 「阿」 「吽」 南大門をくぐるとお目当ての「大仏殿」が見えてきました 加えて人と鹿、ほとんどが海外からの観光客です。 鹿は何ヶ国語理解できるのかな? 実物大の手 鎌倉時代に再建された…

続きを読むread more

早春の京都 興福寺編

雨模様の寒い日曜日、ちょっと足を延ばして奈良へ。 長岡京から車で1時間ほどで到着 神様のお使いの鹿がお迎えしてくれているようです 何もなければおとなしいのですが ひとたび鹿せんべいを見つけると大変なことに 鹿を振り切り興福寺の境内へ 京都のお寺と違って解放感を感じる境内。遠くは「南円堂」 国宝の五重塔 去年復元された「中…

続きを読むread more

早春の京都 石清水八幡宮編

「仁和寺にある法師、年よるまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり徒歩(かち)より詣でけり。」(徒然草) 半年前に仁和寺へ参拝したので、今回は石清水八幡宮へ行って来ました。 ”徒歩”ではなく車で行ったので長岡京から15分ほどで到着。 駐車場に車を置き、表参道はこちらですが反対側の 「頓宮」へ向…

続きを読むread more

早春の京都 長岡天神編

思ったより早く京都についたので、近場の長岡天神を散歩。 梅はもう終わりに近いのか 春になるとキリシマツツジが見事なのですが、今は名残の梅だけ 鳥居は足元を補強中 三寒四温の寒々しい景色、今日は寒い一日です ただ今はひっそり この地は菅原道真の所領だった由縁でここにお祀りしているそうです 半年ぶりに来てみると新しい店ができて…

続きを読むread more

今年も「豊川稲荷」

もはや恒例行事となっている「豊川稲荷参り」、今年も行って来ました。 自宅を100%充電で出発 東名で「三方原PA」から「豊川IC」まで乗って45分ほどで到着走行距離(km) 42.2 電費(km/kWh) 7.3 「鐘楼堂」左側の木は葉が落ちています。おそらく季節の落葉ではなく台風の影響でしょう。 境内で大きな屋根を造っ…

続きを読むread more

久々の京都 仁和寺編

御室駅の正面に仁和寺の「二王門」仁和寺では"二″王門というようです。 ここの門も巨大です 「阿」 「吽」 拝観料を払って「本坊表門」から入ります 御殿入口を入ると早速「御室流」の生け花がお出迎え 本坊は撮影自由とのこと 「白書院」の襖絵 昭和初期の作だそうです 静かな「南庭」 そして絶景で有名な「宸殿」からの「北…

続きを読むread more

久々の京都 金閣寺編

織田信長を祀っている「建勲神社」を過ぎ 「今宮神社」も過ぎ 歩くこと30分、カメラバッグが肩に食い込み始めたころに「金閣寺」到着 金閣寺は中学の修学旅行以来だからほぼ50年ぶり 北山とはいえ紅葉はまだまだ 見えてきました黄金の輝き たしかに見事です 「鏡湖池」も圧巻 正式には「鹿苑寺舎利殿」 こちらが「方丈」ですが、拝…

続きを読むread more

久々の京都 錦市場・大徳寺(真珠庵)編

運動会も無事に終わり月曜日は代休、孫を連れて久しぶりの「錦市場」へ行きましょう。 西山天王山から阪急で「烏丸」へ 錦市場に到着 相変わらずすごい人波です。自分のペースで歩けないので、余計に疲れます 錦市場の名所の食い込みに 「錦天満宮」、菅原道真の旧居だったようです 錦市場では出汁巻き玉子とおでんの練り物を買い、公園で弁当食…

続きを読むread more

初秋の「油山寺」①

去年は風鈴祭りの最終日に訪れたのですが、今年は少し遅れて「中秋の名月」の日となりました 駐車場から少し下って掛川城の大手門だった「山門」から入ります。 築地塀には横に5本線、皇室との関わりが深かったことがうかがえます 山門をくぐると幹は松、枝葉は杉という天然記念物の「御霊杉(みたますぎ)」 暦では「初秋」ですが気温は「晩夏」、紅…

続きを読むread more

初秋の「油山寺」②

「驥山門(きざんもん)」を入ると案内図 「天狗谷」を進みます 歩くのも目的なので「みやま台」へ寄り道をしたのですが、大きな蜘蛛の巣が行く手をふさいていたので断念 引き返して切通しを進みます 天狗伝説は様々あるようですが、こちらの天狗は元は「ムササビ」とのこと 去年はその高さに圧倒され断念したこの階段、登ってみましょう 足が攣…

続きを読むread more

春の京都 柳谷観音楊谷寺

翌日は近場へ 「京都・西山三山(楊谷寺、善峯寺、光明寺)」のひとつ西山浄土宗「柳谷観音 立願山楊谷寺」 「風神」と 「雷神」のお出迎え 「本堂」 建物は江戸前期の建立で ご本尊は古来より眼病に霊あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩 「阿弥陀堂」江戸時代の建立 長岡京市の南西側、深山幽谷の地にあります 「浄土苑」 江戸時代…

続きを読むread more

春の京都 天龍寺

静寂の「二尊院」を離れ、喧騒に向かって「トロッコ嵐山駅」へ到着 近くには「御髪神社」今のところ必要ないので、写真のみ。 そして嵐山へ行ったら通りたい「竹林の小径」 予想通り中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語・・・で大渋滞ただでさえ交通量が多いのに、駐停車中の人達がいてなかなか進みません。 おまけに修学旅行か? …

続きを読むread more

春の京都 二尊院

もう1か所行きましょう。 渡月橋からの桂川の静かな流れ 嵐山恒例の雑踏 「天龍寺」を過ぎて うどんの「いわを」と豆腐料理の「稲」も並んでいます 人力車も大忙し 嵐山の雑踏を抜け、嵯峨野までやってきました。 このあたりから嵐山から嵯峨野になると人力車の車夫が説明していました。 向井去来の別荘 「落柿舎」 「嵯峨天皇皇女有…

続きを読むread more

春の京都 法輪寺

お昼を食べて午後は、ここのところ東山方面が続いていたので、たまには嵐山へ行ってみましょう。 阪急嵐山線で 阪急嵐山 歩いて5、6分で「虚空蔵 法輪寺」 「十三参り」で有名な真言宗のお寺です 門をくぐると「エジソン、ヘルムホルツの碑」と「電電塔」ここは「電電宮」でも有名です。 百八段の階段を登ると 天辺付近に「電電宮」 …

続きを読むread more