水戸復路編

水戸からの帰りは夕方までに浜松に帰りたかったので、全線高速で帰ります。9時半に出発。
バッテリーは減っていなかったのですが、友部SAでお土産を買いがてらの充電。
画像

SAの出口付近にゆったりしたスペースの充電スポットができています。
白リーフが充電待ちに現れたので、30分経たず途中で充電をやめて出発です。

次の充電スポットの守谷です。千代田PAにもできましたが、バッテリーは減っていないのでパス。
友部で充電したのでバッテリーは大して減ってはいないのですが、次の充電スポットの東名海老名SAまでは100km程あるのでしっかり30分充電します。
守谷はSAの入り口付近に充電器があります。
画像


常磐道より首都高へ乗ります。
どのあたりでしょう?
画像


昔は首都高向島線から環状線を通り東名へ抜けていたのですが、「東名」方面という案内とナビどおりに進むと見なれない橋が。
画像

道路の舗装は古そうなのに橋は新しく見えます。

東名を目指して直進。左側の「C2経由で4上りへは行けません」・・・これを理解するには事前の勉強が必要ですね。
画像


東名は右へ分岐するようです。
右かぁ!
首都高は2車線で分岐するところと、1車線で分岐するところがあります。これはどっちかな?
念のため右車線へ移動。
画像


なるほど!従来の環状線は「都心環状線」=C1、今走っているのが「中央環状線」=C2、ということか。
画像


トンネル内で右に分岐して東名に入りました。
東名方面へは右に1車線で分岐。右車線に入っていてよかった!
画像


海老名で充電。予想に反してバッテリーは余り減らず残量は半分くらい。
画像


厚木基地が近いせいか戦闘機が飛んでいます。F-18かな?
浜松基地はT-4ばかりですが、厚木はF-18が飛んでいるのですね。
画像


御殿場まで東名を走ります。平日なので空いています。
画像


遠回りになりますが、いい機会なので御殿場から「新東名」を走ります。
オートクルーズを90kmにセット。
画像


噂通りトンネルばかりですね。
画像


画像


駿河湾沼津SAで充電です。案内板には「混雑」と出ていました。
バッテリー残量は十分だったのですが、噂に聞くサービスエリアの探訪です。
画像


遠くに伊豆半島が見えます。
画像


景色はいいのですが、想像よりかなり狭く感じました。
このスペースならすぐに「混雑」してしまうでしょう。
画像


SA探訪「静岡SA」です。
画像


ここも広く感じません。
画像


遅めの昼食。
画像

画像


結局浜松へは5時半頃到着しました。
約8時間、東名を使わなかった往路より2時間の短縮です。(余分な充電が1時間ほどありましたが)
使った高速代は往路5100円、復路8630円でした。
2時間の短縮に3530円、時間あたり1765円。バイトにしたらかなりいい時給ですね。

高速代、リーフの電費などの旅の総括は「水戸総括編」で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント