リーフのウインカーLED化

だいぶ前に検討後、優先順位が低いので忘れていたウインカーのLED化、フィリップスのLEDウインカーバルブが安かったので思わずポチ!
ウインカーの場合バルブを替えるだけでは”バルブ切れ”と感知してハイフラッシャーが起きるので、抵抗を加えるかレギュレーターというものが必要となります。
抵抗は熱エネルギーに変えるだけなので却下、といって抵抗以外だとPIAAのレギュレーターを使うしかありません。
しばらくAmazonで価格を見ていると値が下がったので、これまたポチ!
そして今回用意したのがこれだけ
画像

レギュレーターの接続にワンタッチコネクターを使うのですが、元のウインカーの配線が短いのと作業のやりやすさを考慮してソケットも用意しました
画像

ところがバルブがうまく付きません、おそらく型番が同じT20でもリーフの場合は「T20ピンチ部違い」となっています。このピンチ部違いがこれでしょう
画像

仕方ないのでソケットを使わずにダイレクトに差し込むとピッタリ
画像

続いてリアのバルブ交換ですが、ここに保護テープを張っておかないと塗装を剥がす、とネットに出ていました
画像

パネルを引き抜いて、リアの交換終了
画像

さあこれからが本番、プラス側に(フロントは赤線が+、リアは緑線が+、何か意味が?)レギュレーターの配線をワンタッチコネクターで繋ぎます
画像

左右とも繋ぎ
画像

レギュレーター電源をバッテリーの+に、アースを-に取れば終了
画像

あとは同期作業するだけ、最初は同期できなかったのですが、しばらくしてやり直したら見事同期完了
画像

フロントウインカー
画像

リアウインカー
画像

バックランプ、サイドマーカーもLED化してあるので、これでフォグランプ含めて全LED化終了。
これに何か意味があるかというと特になし、気分の問題です。
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント