テーマ:寺社

春の京都 天龍寺

静寂の「二尊院」を離れ、喧騒に向かって「トロッコ嵐山駅」へ到着 近くには「御髪神社」今のところ必要ないので、写真のみ。 そして嵐山へ行ったら通りたい「竹林の小径」 予想通り中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語・・・で大渋滞ただでさえ交通量が多いのに、駐停車中の人達がいてなかなか進みません。 おまけに修学旅行か? …

続きを読むread more

春の京都 二尊院

もう1か所行きましょう。 渡月橋からの桂川の静かな流れ 嵐山恒例の雑踏 「天龍寺」を過ぎて うどんの「いわを」と豆腐料理の「稲」も並んでいます 人力車も大忙し 嵐山の雑踏を抜け、嵯峨野までやってきました。 このあたりから嵐山から嵯峨野になると人力車の車夫が説明していました。 向井去来の別荘 「落柿舎」 「嵯峨天皇皇女有…

続きを読むread more

春の京都 法輪寺

お昼を食べて午後は、ここのところ東山方面が続いていたので、たまには嵐山へ行ってみましょう。 阪急嵐山線で 阪急嵐山 歩いて5、6分で「虚空蔵 法輪寺」 「十三参り」で有名な真言宗のお寺です 門をくぐると「エジソン、ヘルムホルツの碑」と「電電塔」ここは「電電宮」でも有名です。 百八段の階段を登ると 天辺付近に「電電宮」 …

続きを読むread more

春の京都 光明寺

娘と上の孫が幼稚園に行っている間に、長岡京市西山にある「西山浄土宗総本山光明寺」にお参りしてきました。 去年は雨が降ってきてゆっくりお参りできなかったお寺です 秋になると紅葉が見事な表参道、今は青紅葉が見事です 今回は下の孫もいたので女坂を進みます ここも青紅葉が美しい 新芽も育っています 「葵医門」が見えてきました 静か…

続きを読むread more

春の京都 長岡天満宮 【追記】キリシマツツジ満開

孫の幼稚園の入園式当日は送迎に徹します。 午前中に終了したので、お昼を買いに西山天王山駅前にある「西山こっぺ堂」へ想像していたコッペパンと違い、フワフワ。だし巻き卵を食べたのですが、卵もフワフワで癖になります。 そして午後はキリシマツツジが咲き始めたとのことで、長岡天満宮へ 日のよく当たるところはほぼ満開 メインストリートは…

続きを読むread more

春の京都 勧修寺

次の寄り道は「そうだ京都行こう」のCMの「勧修寺」(「かじゅうじ」 と読むそうです。同じ字でも住所の場合は「かんしゅうじ」)。隋心院と同じく真言宗のお寺です。 京都日産山科店から徒歩5分ほどだったので充電中にお参りする予定だったのですが 見どころ満載のお寺だったので、充電を途中で切り上げ車を移動してお参りすることにしました桜が満…

続きを読むread more

春の京都 隋心院

いつもは長岡京まで直行ですが、今回は名神高速を京都東ICまで足を延ばして寄り道。 立ち寄ったのは「平成細雪」のロケ地となった真言宗「隋心院」 白壁のきれいなお寺です ここは「小野小町」ゆかりの寺ということで、結婚式の前撮りに利用されることが多いようです 「薬医門」 堂々たる佇まい 薬医門から続く土壁、落ち着いた雰囲気を醸し出し…

続きを読むread more

静岡は禅宗大国

我が家の菩提寺は磐田市にある「臨済宗妙心寺派」のお寺なのですが、遠州地方に意外と臨済宗寺院が多いのに気が付いたので調べてみました。 多少データに誤差はあると思いますが、全国的には見ると臨済宗は少数派で寺院数は8%ほどしかありません。(全国の寺院数7,4634) 次に磐田市の宗派別寺院の状況です。(総寺院数119) …

続きを読むread more

冬の京都 正月二日の「長岡天満宮」

年末から歩きすぎたので、正月二日は地元(?)へ出かけました。 歩いて「八条ヶ池」 「長岡天満宮」です いつもより人は多いですが静かです 境内は出店も出て、車で埋まっています 参拝しようとしたところ、かなり並んでいたので時間調整に「フルーツサンド」を頂きましょう 天満宮の中にある「花の木」 正月のせいか多少パンが乾いてい…

続きを読むread more

冬の京都 元日の「知恩院」

建仁寺を後に裏道を八坂神社方面へ向かいます。 路地で「保元の乱」の主役」「崇徳天皇御廟」を発見。ひっそりとした御廟です そして「八坂神社」 想像していたとはいえ、すごい人の波です 西楼門から入り、お参りもせずに早々に離脱。 「知恩院」にやって来ました これもまた立派な「三門」が見えます 三門から一直線に参道が延びていますが…

続きを読むread more

冬の京都 元日の「建仁寺」

さて元日、今日は「八坂神社・知恩院」コースにしましょう。 西山天王山駅へ行き 阪急京都線で 「河原町」 四条通は人でごった返していますが、鴨川は静かに流れています またしても「俵屋吉冨 祇園店」で家で食べる「季 最中」購入 四条通の喧騒を避けて「花見小路」へ 「一力亭」も正月の装い 昔祇園は建仁寺の境内だったとか そし…

続きを読むread more

冬の京都 大晦日の「永観堂」

南禅寺から歩いて10分ほどで「永観堂」到着 正式には「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」という浄土宗のお寺です ここは紅葉で有名ですが、今は冬 一面茶色の世界です 永観堂は内部拝観できました。 玄関はすっかり正月の装い 中庭を抜け 「御影堂」にお参りしてから 「三鈷の松」 確かに三つ葉になっています 「開山堂」へ上る階段…

続きを読むread more

冬の京都 大晦日の「南禅寺」

今出川から烏丸御池まで戻り、地下鉄東西線の蹴上駅で降りると高台になっていました 駅を出ると「ねじりまんぽ」という昔のトンネルがあり、これをくぐります。 「ねじりまんぽ」の名前の由来は、壁のレンガがねじれていることにあるそうです 右に折れて公園を登ると「蹴上インクライン」 昔舟を運んだ鉄道だそうです そして見えてきました「南禅寺…

続きを読むread more

今年も豊川稲荷

今年も豊川稲荷へ参拝に行って来ました。 自宅を100%充電で出発 姫街道経由で豊川へ向かう途中、三ケ日でミカンの仕入れ。 今年は時期的に早いのかやっている店は少ないようでした 1時間半ほどで豊川稲荷到着、今年も好天に恵まれました 【往路】総電力使用量(kWh) 4.6 走行距離(km) 42.3 電費(km/kWh) 9.3 …

続きを読むread more

風鈴祭り 油山寺

風鈴祭りは「可睡斎」「油山寺」「法多山」で行われているとの事、せっかくだから可睡斎から足を伸ばして「油山寺」へ ついで参りのようで申し訳ありませんが、「山門」をくぐると 可睡斎より緑深き所です 進んでいくと左上には「乙姫様」 更に行くと「宝生殿」と「薬師本堂」との分岐点、左にある門は「驥山門」 風鈴のありそうな「宝生殿」へと向…

続きを読むread more

風鈴祭り 可睡斎

可睡斎で風鈴祭りが8月31日まで行なわれているとのことで、最終日に出かけてみました。 自宅から30分ほどの距離、今回は奥にある一般駐車場へ停めさせてもらいました。 ここには「井伊直好」の墓があります井伊直好、初代掛川藩主とのこと。 登ってみると古い墓がずらり これが井伊直好の墓奥に見えるのは可睡斎の歴代住職の墓のようです。 …

続きを読むread more

お盆

浜松では7月13、14、15日がお盆です。 初めて浜松に来た時に会社が7月13日から3連休となっていて、 「なぜ?」と聞いたら「遠州では7月がお盆で、盆休みなんだよ」と教えてもらいました。 8月のお盆に馴染んでいたのでかなり違和感があったのを覚えています。 しかも同じ遠州でも7月にお盆の地区と、8月にお盆の地区とがあります。 …

続きを読むread more

春の京都 萬福寺編

春の京都最終訪問観光地に選んだのは「萬福寺」 観光地図を見ると近くにあったのがこの萬福寺で黄檗宗のお寺です。 以前何かで読んだのですが、黄檗宗とはインゲン豆の隠元禅師が開いた宗派で、萬福寺はその大本山。 日本の禅宗に中国様式を取り入れた宗派だそうで、中国様式がどんなものか見たく訪ねてみたかったお寺です。 そう言われるとなんと…

続きを読むread more

春の京都 平等院編

春の京都三日目の5月2日のことですが、ブログの更新が一向に進みません。 本日は京都滞在最終日、帰りのことも考慮して車で移動。 「平等院」 藤が満開です 入り口で入場料を払うと、平等院内部の拝観は別料金で、しかも1時間待ちとのこと 内部拝観は諦めて境内に入ることにしました また藤棚 藤につきもののクマバチがたくさん飛んで…

続きを読むread more

春の京都 伏見稲荷編

「京都ゲストイン長岡京」の予約が取れなかったので、今回は伏見に宿泊。 京阪「深草駅」の近くで、途中には「龍谷大学深草校舎」があります 娘家族とおちあい京阪電車で一駅の「伏見稲荷」へ向かいます 「祢ざめ家」は混雑で入れず 「日野家」で名物の稲荷寿司 うずら すずめ”稲作の敵”ということで食べられるようになったとか 裏参道…

続きを読むread more

再び「鴨江寺」

行くあてもないまま自転車でフラフラ。 桜もすっかり終わり 緑の季節がやってきました こちらはゆっくりと食事タイム 桜もよく見ると一輪、二輪、三輪と咲いています 今話題の「直虎」ゆかりの「秋葉神社」の脇を通って 「鴨江寺」東門到着かなりお痛みの様子 ぐるっと回って正門より入って「放主池」 「弁天堂」 放主池には「鴨」…

続きを読むread more

ちょっと早い「ひなまつり」①

今日訪れたのは「徳川家康ゆかりの禅寺」 「可睡斎」 総門の干支 境内全体図、かなり広いです ここは山の中なので、階段が多くなっています 階段を登り切って「山門」 「阿」 「吽」 「瑞龍閣」 「本堂」 本堂では和太鼓の演奏が行なわれていました お参りをして 「御真殿」に 「座禅堂」 今回は境内散策が目的ではなく…

続きを読むread more

ちょっと早い「ひなまつり」②

「瑞龍閣」の大広間に 32段1200体のひな人形 圧倒されます ボランティアの方にお聞きすると、これらのひな人形は一般の方から「供養」のために持ち込まれたものとのこと 可睡斎に置ききれないものは、袋井駅近辺の銀行の窓口などに置いてあるそうです並べるのも大変だろうなあ 最上段 それぞれに表情が違うようです 優しそうなおじ…

続きを読むread more

遠州三十三観音霊場二十八番札所 龍秀院

今日は久しぶりに自転車でに乗って馬込川を北上 曇り空の下サギは獲物探し オオバンはスイスイ カモはゆらゆらこの時期、カモとサギとオオバンばかりです。 やってきたのは 「宝玉山 龍秀院」 「遠州三十三観音霊場二十八番札所」 見たかったのは 「枝垂いちょう」 季節的に「枝枯いちょう」でしたが、見事 立派な本堂に …

続きを読むread more

2017年 初詣

去年は「信貴山別院」へ行ったのですが、今年は「岩水寺」へ 何回か来たことありますが、今日はさすがにお正月、駐車場が一杯で少し離れた大駐車場へここはまだまだ余裕があります。 戦隊物の爆破シーンが似合いそうな岩山 本堂へ向かいます 坂を下ると小川それで「岩水」寺? 思ったほど人は多くありません 山門も正月飾り …

続きを読むread more

3年連続の「豊川稲荷」

今年も「豊川稲荷」へ。3年連続です。 「円福山 豊川閣 妙厳寺」、平日ということもあり空いています。もっとも空いているときを狙ってきたのですが。 法堂はまだ工事中ですが、近々完成予定とのこと。 去年の今頃の様子 一昨年の今頃の様子 荘厳な建物でしたが、木が腐ってきたとのこと、残念。 お参りのあと恒例の「点心」味付けと出汁が絶…

続きを読むread more

今年も「小國神社」

今年もチラシが入ったので、「小國神社」の門前「ことまち横丁」へ。 目的はことまち横丁だったのですが、門前の駐車場が満車で奥の駐車場へ駐車。 その関係で去年と逆順で、まずは川沿いから 紅葉にはまだまだ 川沿いには川床もできていましたが、人はまばら 写真撮影の名所の赤い橋にも誰もいません カメラを持った人がちらほらといるだけ …

続きを読むread more

遠州の古刹②

本日は遠州の古刹「初山 宝林寺」へ。禅宗三宗(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗)のうちの一つ黄檗宗の寺院です。 浜名湖「湖北五山」の一つだそうで、「湖北五山」と言うのは 「方広寺」「摩訶耶寺」「大福寺」「龍潭寺」とこの「宝林寺」の五つで、この宝林寺は初めて訪れます。 手入れの行き届いたお寺です「山門」「佛殿」「黄檗宗」のお寺は初めて訪れまし…

続きを読むread more

お寺あれこれ(遠州編)

風と花粉症で外出もままならない状態なので、これまで訪れたお寺の総括でもしましょう。 まずはお墓参りを除いた遠州地方のお寺から 「法多山専永寺」袋井にある真言宗のお寺で厄除け団子が有名です。昨年の初詣にお伺いしました。 「高野山真言宗甲江山 鴨江寺」浜松市中区にある真言宗のお寺で、通称「鴨江観音」 「龍宮山岩水寺」浜松市浜北区にあ…

続きを読むread more

お寺あれこれ(京都編)

京都へ行く前に 「豐川閣妙嚴寺」通称「豊川稲荷」、商売繁盛の御利益で有名ですが、曹洞宗のお寺です。 さあ京都へ、真言宗から行きましょうか。 「真言宗総本山 東寺〔教王護国寺〕」真言宗の根本道場です 続いて天台宗 「金剛寺」通称「八坂庚申堂」”見ざる聞かざる言わざる”のお寺です 「蓮華王院本堂」通称「三十三間堂」天台宗妙法…

続きを読むread more